老犬 夜泣き サプリ

老犬の夜泣きがサプリメントで即改善!

老犬の夜泣きをサプリメントで改善した経験談

うちのご近所さんに夜泣きが多い老犬を飼ってる家があります。

 

小型犬で寝たきりになってるようで、高齢でボケてるようで触られることにとても怯えて吠えるようです。

 

元気な時には、とてもおとなしい性格で、吠えたりすることは無かったのですが、この頃は夜になると何度も夜泣きをするようになって近所迷惑や、夜泣きのせいで寝不足にもなり問題になってました。

 

1

 

特にこの夜泣き以外は対処が出来たのですがこの夜泣きが一番の悩みで問題でした。となりに住んでる人から苦情が出るほど夜泣きが酷かったのです。

 

介護が必要な状態なので、床ずれをなおそうとしても触ろうとするだけで吠えていやがるので、うまく行かないようです。家の中の家族が寝不足状態になり、限界に近く疲れてしまっていました。

 

ご近所のクレームもあるので、夜泣きだけは何とかしたいと言って折られましたが、睡眠薬で眠らせるのがやっとの状態でした。

 

私がネットで調べてみたら、老犬向けの愛犬用サプリメントがあったのでそれをプレゼントすることにしました。

 

それからしばらくすると、夜泣きの回数が徐々に減って来ており、睡眠不足も解消されたようで、後日飼い主さんがお礼を言いに来られました。

 

今だから言えますが、夜泣きがうるさくて眠れなくてイライラしたことが何度か有りました。

 

その時に差し上げたのがカームワンという犬向けの夜泣きもケアするサプリメントです。

 

>>犬用サプリメントの詳細はこちら

 

 

 

 

老犬の夜泣き対策に効果抜群!カームワンの特徴

老犬の夜泣き対策は、ほんとうにどうすればいいのか困ることが多いですね。

 

犬の体に無理なく自然と夜泣きの回数が少なくなるのがいいですね。

 

カームワンがどのようなサプリメントか特徴をまとめました。

 

1

 

 

管理栄養士との共同開発だから辿り着いた、健康に必要な成分だけを配合した黄金比

愛犬のからだの事をとことん考え抜き、配合成分のひとつひとつにこだわりました。愛犬と飼い主が毎日当たり前のように笑顔で過ごせるように、管理栄養士の監修のもと、てんかん症状のための黄金比率に辿り着きました。

1

 

1

1

 

 

愛犬の健康を考え抜いた、こだわり8つの無添加

 

1

 

本当にわんちゃんの健康の事だけを考えたからこそ、余計なものは一切配合してません。
こだわり抜いた8つの無添加で、安心して続けて頂けます。

 

無添加・ふくまない成分例
着色涼・防かび剤・香料・保存料・安定剤・ゲル化剤・発色剤・漂白剤・調味料

 

 

無料の相談センターをご用意

ひとりで考え込まずに、なんでも相談してください。

 

1

 

ワンちゃんライフでは、犬の健康に精通したスタッフが飼い主のお悩みや不安を真摯にお答えするカスタマーセンターを常設。てんかんのお症状だけでなく、ワンちゃんの健康な生活に館数rことならなんでもお気軽にご相談ください。

 

フリーダイヤル
0120−119−032
受付時間:平日10時〜18時(土日祝休み)

 

 

 

 

1

カームワンはこんな人にはおすすめしません

 

夜泣きを完全にやめさせたい人

 

薬の効果をサプリに求める人

 

痙攣を完全になくしたい人

 

カームワンはこんな人におすすめ

 

犬の健康に気を使ってる人

 

犬の老齢化や認知症の改善を期待したい方

 

とにかく夜泣きをどうにかしたい人

 

返金保証が付いている

愛する家族である愛犬に使うわけですから…犬の管理栄養士と共同で開発した製品で獣医師もからも評価された製品と自信があるので15日間の返金保証が付いています。

 

 

 

1

 

老犬になると夜泣きするのは何故?

1 認知症による夜泣き

 

ninchi


認知症による夜泣きは、夜眠るように工夫していきます。獣医から睡眠導入剤を処方する方法もありますが、老犬の体力差によって、効いたり効かなかったりするので難しく細心の注意が必要です。効きすぎると危険な場合があります。処方量を徐々に増やしていきいい具合の量を見つけるようにします。しかし同時に薬の副作用が出てくるケースが多くあるので獣医と相談しながら量を決めるようにしましょう。

 

 

 

2 痛みによる夜泣き

 

itami


老犬の場合には、少ないと思いますがけがや病気などの痛みで夜泣きをする場合があります。この場合には、下痢や嘔吐、体をさわって痛がるところがないかなど確認することが大切です。

 

 

 

3 不安からくる夜泣き

 

fuan


見えなくて、聞こえなくてその不安から、夜泣きをすることがあります。体調不良や孤独感から精神的に不安定になるケースも多くあります。

 

 

 

4 我慢が出来なくなり夜泣き

 

gaman


水が飲みたいやお腹が空いた、抱っこしてほしいなど要求する夜泣きのケースで、犬が自分で出来ないことで飼い主に求めてる状態です

 

 

 

5 生活のリズムがずれて夜泣き

 

seikatu


昼寝の時間に多く寝てしまったり、運動不足、昼と夜の逆転、体内時間のズレで夜寝られなくて徘徊とともに夜泣きが起こるケースがあります

 

 

>>夜泣きケアサプリメントを試してみる

 

 

夜泣きの改善に役立つこと

日々外出させて日光浴させる

 

kai1

 

体内時間のリセットのために日光浴をさせましょう。

 

 

 

お昼に寝ないようにさせましょう

 

kai2

 

昼と夜の逆転には必ず昼に寝すぎてる事が原因の一つとしてありますですから、昼間には声を掛けたり、おもちゃで遊ぶなど体を動かすようにしましょう。

 

 

 

運動を活発にする

 

kai3

 

散歩に出たり、外の臭いを嗅いだり、土や草の上をあるくなどして脳に刺激を与えるのは、筋肉の衰えや寝たきりになるのを防ぐことになるでしょう。

 

 

 

声かけをするように心がける

 

kai4

 

不安な時などが増えて来てるケースもあるので飼い主さんに構ってもらうことで脳に良い刺激になります。

 

老犬の最後の体験談

私の家で買っていたマルチーズは、15歳をすぎたころから自分で起き上がることが出来なくなり手助けが必要な状態になりました。

 

介護がはじまった当初は、おとなしくしていたのですがだんだん慣れてくると運動不足も重なりおかしくなって行く日が徐々に増えていきました。

 

特に大変だったのが夜泣きで、夜にキャンキャンと何度も吠えるのでこちらは寝不足になるし、ご近所へ迷惑をかけてるのではと気にしながら毎日を送ってることが多くありました。

 

それと、最初は気が付かなかったのですが、目がだんだんと見えなくなっていくのも解りつらかったです。目が白くなって緑内障にかかっていました。

 

目が見えなくなると犬は耳と鼻に頼って生活するようになり目が見えないので、走り回る事はできなくても、座って生きてる事で安心してました。

 

いままで一緒にず〜と遊んでいた子が毎日衰えていくのを見るのは本当につらかったですが、最後は寝る時間が徐々に増えて来て、こちらへの反応も遅くなり、最後は眠るように息を引き取りました。

 

ワンちゃん本人は、幸せだったかどうか?わかりませんが、お別れは本当にさびしかったです。 しかし、私たちと長く一緒にいてくれた愛犬には感謝しかありませんでした。

 

maru